Resize %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b35
服部芳生
Resize %e3%83%98%e3%83%83%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc6
Resize %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b35 服部芳生

イロイロ創作屋さん*岡山→東京《漫画》ホラー風味属性系異能モノ*連載中『至智詼諧-しちかいかい-』/サイキックJK痛快活劇*Reboot中『エレメンツ・ギグ・ラヂオ』*ご用があればお気軽にどうぞ
Twitter: twitter.com/H_Y_A_P
note: note.mu/hyap0827
site: an-pla.jp
✉︎ antiqueplant@yahoo.co.jp

62 Works
Home
Portfolio
Activity
Favorite
Tags
服部芳生 さんがお気に入り

ブロックチェーンの機能、11月にはリリース出来そう

コンテンツをシェアする

ブロックチェーンの機能、11月にはリリース出来そう

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

多様性のあるアプローチを。

現在、連載中の八百万遊戯ですが、一区切りついた上で色々新しいことを仕掛けていかないとなあ、と思ってます。自分の粘り強さを確認できたこと自体は収穫だったけど、漫然と更新し続けても意味はないかなと。それよりもっと今自分に必要なのは、より人に知ってもらうこと、別のコミュニティはないか模索すること、作品そのものの新しい見せ方はないか、などを探すこと。

誰もみてないものと思ってブレスト気味に書き殴りますw

カクヨムコンテスト(第4回)に挑戦する 実現度:A

基本はこれ。やっぱり賞をとるというのはでかい。既にもう一回落ちてるけどね。ただ前回よりは話数が増えて区切りが良いところまで入っている分、コンテンツとしてはよりよくなっていると思う。でも結局まだエントリー期間はちょっと先だし、多少の手直しは考えるけど特別にやることはそんなにない。

「小説家になろう」にアップする 実現度:A

 やっぱり母数があるところに出すのは大事。ただ一方で埋もれる可能性も。上げるなら一気にあげるか、毎日上げ続けるか、いずれにせよランキングに乗るロジックをきちんと理解したうえで仕掛けた方がよい。新作を上げるという行為は一度しかないチャンスなので。

絵師と組む 実現度:B

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする

多様性のあるアプローチを。

現在、連載中の八百万遊戯ですが、一区切りついた上で色々新しいことを仕掛けていかないとなあ、と思ってます。自分の粘り強さを確認できたこと自体は収穫だったけど、漫然と更新し続けても意味はないかなと。それよりもっと今自分に必要なのは、より人に知ってもらうこと、別のコミュニティはないか模索すること、作品そのものの新しい見せ方はないか、などを探すこと。

誰もみてないものと思ってブレスト気味に書き殴りますw

カクヨムコンテスト(第4回)に挑戦する 実現度:A

基本はこれ。やっぱり賞をとるというのはでかい。既にもう一回落ちてるけどね。ただ前回よりは話数が増えて区切りが良いところまで入っている分、コンテンツとしてはよりよくなっていると思う。でも結局まだエントリー期間はちょっと先だし、多少の手直しは考えるけど特別にやることはそんなにない。

「小説家になろう」にアップする 実現度:A

 やっぱり母数があるところに出すのは大事。ただ一方で埋もれる可能性も。上げるなら一気にあげるか、毎日上げ続けるか、いずれにせよランキングに乗るロジックをきちんと理解したうえで仕掛けた方がよい。新作を上げるという行為は一度しかないチャンスなので。

絵師と組む 実現度:B

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

原稿のストックが底を尽きる。

カクヨムで連載を始めて1年、もともと3部構成で考えていた話の第1部がようやく終わる。実際に書いて積み上がったのは30万文字近く、もし単行本で出せばラノベ3冊分くらいにはなるだろうか?

始めたときは週2の更新ペースでやろうと決めてて、ただ維持できるか不安だったので第1部の分だけストックを作り、ある程度小出しにすることにした。実際始めてみると各話を切り出して載せるたびに手直しが多く、そのまま出ることはほぼなかった。結局草稿を書いたときよりも時間を費やしてたんじゃないかなと思う。考えものだ。

半分くらいストックを出しきった頃、コンテスト期間も終わったので週1のペースに落とすことにした。書き直して出すこと自体は変えられなかったけど、執着も減った分すんなり進んだ。クオリティに関しては落ちたかもしれない。でも続けることを目標にしようと思ったからそれはそれでよしとした。

何でもそうだけど、パフォーマンスっていうのはかけた時間に対して等比例じゃない。絶対にどこかでカーブを描いて対数関数的に頭打ちになっていく。だからクリエイターはみんな締め切りがあったほうがいい、と言うのだ。無限の時間は人の調整機能をダメにする。

重要なのはこのぐらいにしとこう、が自分でちゃんとわかることだ。

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする

原稿のストックが底を尽きる。

カクヨムで連載を始めて1年、もともと3部構成で考えていた話の第1部がようやく終わる。実際に書いて積み上がったのは30万文字近く、もし単行本で出せばラノベ3冊分くらいにはなるだろうか?

始めたときは週2の更新ペースでやろうと決めてて、ただ維持できるか不安だったので第1部の分だけストックを作り、ある程度小出しにすることにした。実際始めてみると各話を切り出して載せるたびに手直しが多く、そのまま出ることはほぼなかった。結局草稿を書いたときよりも時間を費やしてたんじゃないかなと思う。考えものだ。

半分くらいストックを出しきった頃、コンテスト期間も終わったので週1のペースに落とすことにした。書き直して出すこと自体は変えられなかったけど、執着も減った分すんなり進んだ。クオリティに関しては落ちたかもしれない。でも続けることを目標にしようと思ったからそれはそれでよしとした。

何でもそうだけど、パフォーマンスっていうのはかけた時間に対して等比例じゃない。絶対にどこかでカーブを描いて対数関数的に頭打ちになっていく。だからクリエイターはみんな締め切りがあったほうがいい、と言うのだ。無限の時間は人の調整機能をダメにする。

重要なのはこのぐらいにしとこう、が自分でちゃんとわかることだ。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

Lethは郊外の個展スペース付きアトリエっぽい

タイトルの通りです。
パッと見ではNoteと機能的には近いかなという印象を受けていますが、あえてひっそりとしたところでつらつらと書き綴るのがいいのかなと。

結局SNSはどれひとつとっても万能じゃない、どう使い分けるかがポイントだというのは広く言われていることなのであまり深く考えずに試してみるのがいいんじゃないかなと思っています。noteはいわば一等地の大通り前のタワーマンション。ここは郊外の木漏れ日に潜むアトリエですね。

特にオーナーであるあおひげさん、個人で創作したものを発信するために自分でこの場所を作ってしまったというから本当にすごい方です。いわば大家さんが自分の描いた絵で個展やりたいから家建てましたって感じですね。そこから!?みたいな。
結構記事読んでて分析的なのが個人的に理系っぽいw シンパシーを感じました。

そういう人が作っていく建築がどんなものになっていくか見届けていく面白さもあるので、しばらく住んでみようと思います。

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする

Lethは郊外の個展スペース付きアトリエっぽい

タイトルの通りです。
パッと見ではNoteと機能的には近いかなという印象を受けていますが、あえてひっそりとしたところでつらつらと書き綴るのがいいのかなと。

結局SNSはどれひとつとっても万能じゃない、どう使い分けるかがポイントだというのは広く言われていることなのであまり深く考えずに試してみるのがいいんじゃないかなと思っています。noteはいわば一等地の大通り前のタワーマンション。ここは郊外の木漏れ日に潜むアトリエですね。

特にオーナーであるあおひげさん、個人で創作したものを発信するために自分でこの場所を作ってしまったというから本当にすごい方です。いわば大家さんが自分の描いた絵で個展やりたいから家建てましたって感じですね。そこから!?みたいな。
結構記事読んでて分析的なのが個人的に理系っぽいw シンパシーを感じました。

そういう人が作っていく建築がどんなものになっていくか見届けていく面白さもあるので、しばらく住んでみようと思います。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

結局、こまめな情報の発信やバズを狙ったコンテンツはTwitterに投稿してしまうし、その行動は変えられないな。更新頻度は低くとも、自分のホームページとしての利用みたいな方向で機能開発していきたいと思っているが、どうなるかな。
pixivとかtumblrのアカウントから自動でコンテンツ吸い上げてLethに投稿(格納)出来たりするといいのだろうか。

コンテンツをシェアする

結局、こまめな情報の発信やバズを狙ったコンテンツはTwitterに投稿してしまうし、その行動は変えられないな。更新頻度は低くとも、自分のホームページとしての利用みたいな方向で機能開発していきたいと思っているが、どうなるかな。
pixivとかtumblrのアカウントから自動でコンテンツ吸い上げてLethに投稿(格納)出来たりするといいのだろうか。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

Lethでブログを書く理由

はじめまして、happsといいます。
普段はのんびりしています。
長文駄文ですが、読んで頂けたら嬉しいです。


久しぶりにブログを書いている。

僕はアートを生み出すことができるわけでもなければ、文章を書くのが得意なわけでもない。Twitterだとかブログだとか、パブリックな空間に何らかをアウトプットする習慣もない。たぶんLethが想定するユーザー像ではないと思う。

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize rimg1228

Lethでブログを書く理由

はじめまして、happsといいます。
普段はのんびりしています。
長文駄文ですが、読んで頂けたら嬉しいです。


久しぶりにブログを書いている。

僕はアートを生み出すことができるわけでもなければ、文章を書くのが得意なわけでもない。Twitterだとかブログだとか、パブリックな空間に何らかをアウトプットする習慣もない。たぶんLethが想定するユーザー像ではないと思う。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り
Resize world is mine cover
WORLD IS MINE

世界を旅して目にした光景を写真集にしていきます。タイトルはくるりとYogee New Wavesから。🇧🇪🇮🇹🇨🇭🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿🇬🇧🇺🇸🇳🇱🇩🇪🇦🇹🇫🇷🇫🇮🇯🇵

コンテンツをシェアする
Resize world is mine cover
WORLD IS MINE

世界を旅して目にした光景を写真集にしていきます。タイトルはくるりとYogee New Wavesから。🇧🇪🇮🇹🇨🇭🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿🇬🇧🇺🇸🇳🇱🇩🇪🇦🇹🇫🇷🇫🇮🇯🇵

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

海外で撮った写真もどんどんUPしていきます!世界一周したい!

#写真 #海外旅行 #photo

コンテンツをシェアする
Resize 20839014 112387289428028 3468392490468376576 n

海外で撮った写真もどんどんUPしていきます!世界一周したい!

#写真 #海外旅行 #photo

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

Lethのロゴデザイン

Leth(あなたが今見ているこのサービス)のロゴをデザインしました。

絵描き(洋画家)という割と変わった家に生まれた影響からか、小さい頃から「表現する」という行為にずっと関心がありました。僕自身、絵を描いたり、バンドを組み音楽を作ってライブをしたり、プログラミングを覚えWebサービスやスマホアプリを作ったりしてきました。その形態は時期によって変われど、何かをアウトプットし続けてきたこれまでの人生だったのかなと思います。

そんな背景もあり「クリエイターに、新たな価値を」届けるという、Lethの掲げるビジョンにピンときてお手伝いをしています。生い立ちの似たあおひげさんとは、色々な「表現」にまつわる話を交わす中でどんどん意気投合していきました。

これからLethをどんどん魅力的なサービスにしていきたいし、自分自身もクリエイティブな毎日を過ごしていきたいと思います!どうぞよろしくお願いいたします。


ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize leth visual 1

Lethのロゴデザイン

Leth(あなたが今見ているこのサービス)のロゴをデザインしました。

絵描き(洋画家)という割と変わった家に生まれた影響からか、小さい頃から「表現する」という行為にずっと関心がありました。僕自身、絵を描いたり、バンドを組み音楽を作ってライブをしたり、プログラミングを覚えWebサービスやスマホアプリを作ったりしてきました。その形態は時期によって変われど、何かをアウトプットし続けてきたこれまでの人生だったのかなと思います。

そんな背景もあり「クリエイターに、新たな価値を」届けるという、Lethの掲げるビジョンにピンときてお手伝いをしています。生い立ちの似たあおひげさんとは、色々な「表現」にまつわる話を交わす中でどんどん意気投合していきました。

これからLethをどんどん魅力的なサービスにしていきたいし、自分自身もクリエイティブな毎日を過ごしていきたいと思います!どうぞよろしくお願いいたします。


コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

Lethはホームページ的な使い方を想定してたりします。
ゆるりとでいいので、自分の作品をストックしておく場所が欲しいなという思いから作りました。

作品をもっと美しく見せれるようにアップロードし続けます。

コンテンツをシェアする

Lethはホームページ的な使い方を想定してたりします。
ゆるりとでいいので、自分の作品をストックしておく場所が欲しいなという思いから作りました。

作品をもっと美しく見せれるようにアップロードし続けます。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

・思うがままに作ったフレーム(左上)
・規律を当てはめながら色付けする (右上)
・安定するところまで崩してみる (左下)
・安定したものの質を反転して事象を変換する (右下)

瞑想曼荼羅のプロセスの中で色々追体験する。

4つの展開の中で苦手な作業、好きな作業が見えてくる。
別に好きなところで止めてもいいんだけど、進めてみると、行き詰まっても、まだ発想の転換が可能であるという小さな経験則を身体に感じることができる。

                                                  <a href='/search?keyword=%23%E7%9E%91%E6%83%B3%E6%9B%BC%E8%8D%BC%E7%BE%85' class='article-user-text__tag'>#瞑想曼荼羅</a>
ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize img 9171

・思うがままに作ったフレーム(左上)
・規律を当てはめながら色付けする (右上)
・安定するところまで崩してみる (左下)
・安定したものの質を反転して事象を変換する (右下)

瞑想曼荼羅のプロセスの中で色々追体験する。

4つの展開の中で苦手な作業、好きな作業が見えてくる。
別に好きなところで止めてもいいんだけど、進めてみると、行き詰まっても、まだ発想の転換が可能であるという小さな経験則を身体に感じることができる。

                                                  <a href='/search?keyword=%23%E7%9E%91%E6%83%B3%E6%9B%BC%E8%8D%BC%E7%BE%85' class='article-user-text__tag'>#瞑想曼荼羅</a>
コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

確かにですね!課題だと思うので、今後アップデートで見やすくしていきたいと思います!

コンテンツをシェアする

確かにですね!課題だと思うので、今後アップデートで見やすくしていきたいと思います!

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

ブロックチェーンによって実現される世界を語る。次世代のアップルと言われる所以とは?

ブロックチェーン、バズワードですね。バズワードなので引きが良いかなと思って主語として使わせて頂きましたが、このエントリーで語るのはEthereumに関する話しになります。すみません。

さて、2017年末に盛り上がったビットコインバブルは記憶に新しいですが、投機的側面からではなく、新たなテクノロジーとして、新たなプロダクトの形として、ブロックチェーンを捉えて「面白そうだな」と思ってくれる人もそれなりに増えてきた印象です。
しかし、実際に 「ブロックチェーンを取り入れている」 or 「ブロックチェーン上で動いているプロダクトを使った事ありますか?使い方分かりますか?」と聞いて「はい」と答えられる人は、その行為のハードルの高さ故か、まだまだ多くはないと思います。それがエンジニアだったとしてもです。私の観測範囲が狭いという話はあるかもしれませんが…。

そこで今回は、技術的な話には極力触れずに、ブロックチェーンによって実現し得る可能性のある世界、従来のwebと違ってこんなプロダクトの形が実現される可能性があるんですよ、という夢物語を語ってみたいと思います。あくまで私個人の視点から考えた夢物語です。いいですか、これは個人の感想ですよ。
あまりブロックチェーン界隈の知り合いもいなく(ほぼ0…)、実際この界隈の人たちがどう考えているのかは知らないので、このエントリーに間違い等がございましたら指摘頂けると幸いです。

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize leth

ブロックチェーンによって実現される世界を語る。次世代のアップルと言われる所以とは?

ブロックチェーン、バズワードですね。バズワードなので引きが良いかなと思って主語として使わせて頂きましたが、このエントリーで語るのはEthereumに関する話しになります。すみません。

さて、2017年末に盛り上がったビットコインバブルは記憶に新しいですが、投機的側面からではなく、新たなテクノロジーとして、新たなプロダクトの形として、ブロックチェーンを捉えて「面白そうだな」と思ってくれる人もそれなりに増えてきた印象です。
しかし、実際に 「ブロックチェーンを取り入れている」 or 「ブロックチェーン上で動いているプロダクトを使った事ありますか?使い方分かりますか?」と聞いて「はい」と答えられる人は、その行為のハードルの高さ故か、まだまだ多くはないと思います。それがエンジニアだったとしてもです。私の観測範囲が狭いという話はあるかもしれませんが…。

そこで今回は、技術的な話には極力触れずに、ブロックチェーンによって実現し得る可能性のある世界、従来のwebと違ってこんなプロダクトの形が実現される可能性があるんですよ、という夢物語を語ってみたいと思います。あくまで私個人の視点から考えた夢物語です。いいですか、これは個人の感想ですよ。
あまりブロックチェーン界隈の知り合いもいなく(ほぼ0…)、実際この界隈の人たちがどう考えているのかは知らないので、このエントリーに間違い等がございましたら指摘頂けると幸いです。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

りおんと申します。
知り合いに教えてもらってこちらのサービスを知りました。
なぜかアイコン画像をアップしようとするとエラーになるので、初期のままです。この始めたばかりですという感じもまた良いです。

こちらでは何を更新しようか迷っています。
日記は別のところで書いているので、イラストかなーと思っているのですが、どうなることやら。スマホからだとスクロールできずBlogの投稿が難しそうなので、PCから見てみます。

よろしくお願いします。

コンテンツをシェアする

りおんと申します。
知り合いに教えてもらってこちらのサービスを知りました。
なぜかアイコン画像をアップしようとするとエラーになるので、初期のままです。この始めたばかりですという感じもまた良いです。

こちらでは何を更新しようか迷っています。
日記は別のところで書いているので、イラストかなーと思っているのですが、どうなることやら。スマホからだとスクロールできずBlogの投稿が難しそうなので、PCから見てみます。

よろしくお願いします。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

新規事業を立ち上げる時の個人的チェックリストを公開してみます

社会人的人格としてのキャリア上で、私は新規事業に挑戦させて頂く事が幸いにも何度かありました。スタートアップでエンジニアをしながら関わったり、所謂大企業の中の新規事業を、時には責任者、時にはイチメンバーという役割で。
正直うまくいった事はあまりなく、失敗の方が圧倒的に多い人生ですが(輝かしい舞台に立ったことは一度もないですね…)、案外失敗からの方が学べる事も多かったりすると思ったりもします。

そんな失敗続きの私ですが、「あまりにもド派手な失敗は避けたい!」と思い、過去を振り返って明らかに地雷だったポイントを列挙し「これを守っていれば、 成功は保証できないが初歩的な失敗は防げるはず」というチェックリストを作成して自分で利用しているので、公開してみようと思います。

なお、詳細はまた後述しますが、本エントリーを掲載しているサービスであるLethを自分一人で開発した時は、これらのチェックリストは使っていません。このチェックリストはもっと打算的に事業を創ろうと考えた時に利用しているモノとなります。

前提

  • 持続可能な成長が期待できる新規事業を創ろうとする時の話
ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize leth

新規事業を立ち上げる時の個人的チェックリストを公開してみます

社会人的人格としてのキャリア上で、私は新規事業に挑戦させて頂く事が幸いにも何度かありました。スタートアップでエンジニアをしながら関わったり、所謂大企業の中の新規事業を、時には責任者、時にはイチメンバーという役割で。
正直うまくいった事はあまりなく、失敗の方が圧倒的に多い人生ですが(輝かしい舞台に立ったことは一度もないですね…)、案外失敗からの方が学べる事も多かったりすると思ったりもします。

そんな失敗続きの私ですが、「あまりにもド派手な失敗は避けたい!」と思い、過去を振り返って明らかに地雷だったポイントを列挙し「これを守っていれば、 成功は保証できないが初歩的な失敗は防げるはず」というチェックリストを作成して自分で利用しているので、公開してみようと思います。

なお、詳細はまた後述しますが、本エントリーを掲載しているサービスであるLethを自分一人で開発した時は、これらのチェックリストは使っていません。このチェックリストはもっと打算的に事業を創ろうと考えた時に利用しているモノとなります。

前提

  • 持続可能な成長が期待できる新規事業を創ろうとする時の話
コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

素人が漫画を描き始めた時にHUNTERxHUNTERを徹底分析した話。或いは素振りの重要性について

先日発表した私の処女作 SYNTHESIZE ですが、30歳から漫画を学びはじめてアウトプットした作品となります。
一応どういうふうに漫画を学んだのかに関しては、 SYNTHESIZE 1話目の創作ログ に纏めてあるので興味がある方はこちらも読んで頂ければと思うのですが、個人的な漫画勉強法に関してもっと具体的に、画像つきで、詳細を語りたいと思います。
※画像は冨樫義博「HUNTERxHUNTER」より引用

HUNTERxHUNTERを徹底的に考察する

まず、こちらの本 Filmmakers Eye 映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方 を読んで、基本的にバストアップやエスタブリッシュショットにどういう意図があるのかを知識としてインプットしました。
次に自分にとって「これは最高傑作である!こんな作品が描きたい!」と思えるような漫画(私の場合はHUNTERxHUNTER)を引っ張り出してきて、一コマ一コマ分析していきます。

  • なぜこのショット?
ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize hunter01 010

素人が漫画を描き始めた時にHUNTERxHUNTERを徹底分析した話。或いは素振りの重要性について

先日発表した私の処女作 SYNTHESIZE ですが、30歳から漫画を学びはじめてアウトプットした作品となります。
一応どういうふうに漫画を学んだのかに関しては、 SYNTHESIZE 1話目の創作ログ に纏めてあるので興味がある方はこちらも読んで頂ければと思うのですが、個人的な漫画勉強法に関してもっと具体的に、画像つきで、詳細を語りたいと思います。
※画像は冨樫義博「HUNTERxHUNTER」より引用

HUNTERxHUNTERを徹底的に考察する

まず、こちらの本 Filmmakers Eye 映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方 を読んで、基本的にバストアップやエスタブリッシュショットにどういう意図があるのかを知識としてインプットしました。
次に自分にとって「これは最高傑作である!こんな作品が描きたい!」と思えるような漫画(私の場合はHUNTERxHUNTER)を引っ張り出してきて、一コマ一コマ分析していきます。

  • なぜこのショット?
コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

ちなみにこれはボツにした1話の冒頭の一部。全体として駄目だったからボツにしたけど、このシーンは割と気に入っている。 #SYNTHESIZE

コンテンツをシェアする
Resize 0 3

ちなみにこれはボツにした1話の冒頭の一部。全体として駄目だったからボツにしたけど、このシーンは割と気に入っている。 #SYNTHESIZE

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

30歳で漫画を描き始め、連載のためにブロックチェーンを絡めたサービスを個人で開発した話

SYNTHESIZEという漫画の連載を、自分で作ったサービスLeth(このエントリーを掲載しているサービスそのもの)で始めました。
普段は普通のサラリーマンをしたりしています。3年くらい前まではエンジニアをやっていた気がしますが、色々あって今は仕事でコードは書いていません。
今(2018/9月時点)私は33歳なのですが、29歳の終わり頃でしょうか、ふと「漫画でも描いてみるか」と思い立ってから今日こうして無事公開できるに至るまでの話と、今後の展望の話を書き残しておきます。

動機の話

私は20代の半分程をエンジニアとして過ごしていました。幸いデザインも好きだった事もあり、昔から余暇の時間を利用していくつか個人でサービスをリリースしたりしていました。それまでの人生は音楽づくしであったし、「創作」そのものが好きなんだと自己分析しています。プログラミングも創作の一つだと捉えていますし。絵を描くのも好きでした。

思い返せば私の人生はずっと引きこもりで。土日や長期休暇で旅行や外に出かけることは殆どなく、小さい頃から一貫してずっと家で何かを作ったり、本を読んだり、音楽を聴いたりしながら過ごしていました。大人になってからは、四六時中プログラミングしていたと思います。
30歳が目前に迫ってくる頃に、 総合芸術への憧れ を自覚します。音楽も、絵も、プログラミングも、サービス開発も、ゲームも、読書も、どれも夢中でやってきた自分だからこそ、全てを総合してユニークな価値に昇華するのも面白いのではないか?と思うわけです。そこから先は割と短絡的でして、「漫画って総合芸術だよな?やってみるか」くらいの感じで挑戦し始めました。

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize synthesize

30歳で漫画を描き始め、連載のためにブロックチェーンを絡めたサービスを個人で開発した話

SYNTHESIZEという漫画の連載を、自分で作ったサービスLeth(このエントリーを掲載しているサービスそのもの)で始めました。
普段は普通のサラリーマンをしたりしています。3年くらい前まではエンジニアをやっていた気がしますが、色々あって今は仕事でコードは書いていません。
今(2018/9月時点)私は33歳なのですが、29歳の終わり頃でしょうか、ふと「漫画でも描いてみるか」と思い立ってから今日こうして無事公開できるに至るまでの話と、今後の展望の話を書き残しておきます。

動機の話

私は20代の半分程をエンジニアとして過ごしていました。幸いデザインも好きだった事もあり、昔から余暇の時間を利用していくつか個人でサービスをリリースしたりしていました。それまでの人生は音楽づくしであったし、「創作」そのものが好きなんだと自己分析しています。プログラミングも創作の一つだと捉えていますし。絵を描くのも好きでした。

思い返せば私の人生はずっと引きこもりで。土日や長期休暇で旅行や外に出かけることは殆どなく、小さい頃から一貫してずっと家で何かを作ったり、本を読んだり、音楽を聴いたりしながら過ごしていました。大人になってからは、四六時中プログラミングしていたと思います。
30歳が目前に迫ってくる頃に、 総合芸術への憧れ を自覚します。音楽も、絵も、プログラミングも、サービス開発も、ゲームも、読書も、どれも夢中でやってきた自分だからこそ、全てを総合してユニークな価値に昇華するのも面白いのではないか?と思うわけです。そこから先は割と短絡的でして、「漫画って総合芸術だよな?やってみるか」くらいの感じで挑戦し始めました。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り
Resize a1
[第3話] 虚無の隣人

創作ログはコチラから > SYNTHESIZE 3話目の創作ログ

#SYNTHESIZE #Leth #web漫画

Resize synthesize
【旧】SYNTHESIZE
シェルと呼ばれるデバイスによって、五感を含む汎ゆる情報のやり取りが可能になり、仮想世界の構築も進む高度情報化社会。そんな未来の時代に生きる人々を描いた物語。
コンテンツをシェアする
Resize a1
[第3話] 虚無の隣人

創作ログはコチラから > SYNTHESIZE 3話目の創作ログ

#SYNTHESIZE #Leth #web漫画

Resize synthesize
【旧】SYNTHESIZE
シェルと呼ばれるデバイスによって、五感を含む汎ゆる情報のやり取りが可能になり、仮想世界の構築も進む高度情報化社会。そんな未来の時代に生きる人々を描いた物語。
コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り
Resize a1
[第2話] AOHARU YOUTH

創作ログはコチラから > SYNTHESIZE 2話目の創作ログ

#SYNTHESIZE #Leth #web漫画

Resize synthesize
【旧】SYNTHESIZE
シェルと呼ばれるデバイスによって、五感を含む汎ゆる情報のやり取りが可能になり、仮想世界の構築も進む高度情報化社会。そんな未来の時代に生きる人々を描いた物語。
コンテンツをシェアする
Resize a1
[第2話] AOHARU YOUTH

創作ログはコチラから > SYNTHESIZE 2話目の創作ログ

#SYNTHESIZE #Leth #web漫画

Resize synthesize
【旧】SYNTHESIZE
シェルと呼ばれるデバイスによって、五感を含む汎ゆる情報のやり取りが可能になり、仮想世界の構築も進む高度情報化社会。そんな未来の時代に生きる人々を描いた物語。
コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り
Resize a1
[第1話] エクリチュールの起源

創作ログはコチラから > SYNTHESIZE 1話目の創作ログ

#SYNTHESIZE #Leth #web漫画

Resize synthesize
【旧】SYNTHESIZE
シェルと呼ばれるデバイスによって、五感を含む汎ゆる情報のやり取りが可能になり、仮想世界の構築も進む高度情報化社会。そんな未来の時代に生きる人々を描いた物語。
コンテンツをシェアする
Resize a1
[第1話] エクリチュールの起源

創作ログはコチラから > SYNTHESIZE 1話目の創作ログ

#SYNTHESIZE #Leth #web漫画

Resize synthesize
【旧】SYNTHESIZE
シェルと呼ばれるデバイスによって、五感を含む汎ゆる情報のやり取りが可能になり、仮想世界の構築も進む高度情報化社会。そんな未来の時代に生きる人々を描いた物語。
コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

ちなみに黒い砂漠にハマり過ぎて動画撮ったりもしています…

[黒い砂漠] SRソーサレス60 羽根おおかみ POT無しソロ狩り - YouTube
Black Desert lv60 ソーサレス(215/217/308)、ゲームパッ...
コンテンツをシェアする

ちなみに黒い砂漠にハマり過ぎて動画撮ったりもしています…

[黒い砂漠] SRソーサレス60 羽根おおかみ POT無しソロ狩り - YouTube
Black Desert lv60 ソーサレス(215/217/308)、ゲームパッ...
コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

SYNTHESIZE 3話目の創作ログ

これはですね、現時点(1-3話目公開時点)で最も思い入れの強いストーリーです。理由はいくつかあったりするので、今回のエントリーで一部を紹介し、追々4話目5話目を公開していく中で、徐々に全ての思い入れに触れていきたいと考えています。

  • 未来のプログラミングについて描いてみたい
  • ストーリーの作り方に関して

という2点から今回は語りたいと思います。

未来のプログラミングについて描いてみたい

私は基本的に、歴史は繰り返すと考えています。どんなに技術が発展しても「情報弱者」というのは生まれ続けるし、どんなに医療が発展してもまた新たなハンディキャップが生まれるだろう、と。

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする

SYNTHESIZE 3話目の創作ログ

これはですね、現時点(1-3話目公開時点)で最も思い入れの強いストーリーです。理由はいくつかあったりするので、今回のエントリーで一部を紹介し、追々4話目5話目を公開していく中で、徐々に全ての思い入れに触れていきたいと考えています。

  • 未来のプログラミングについて描いてみたい
  • ストーリーの作り方に関して

という2点から今回は語りたいと思います。

未来のプログラミングについて描いてみたい

私は基本的に、歴史は繰り返すと考えています。どんなに技術が発展しても「情報弱者」というのは生まれ続けるし、どんなに医療が発展してもまた新たなハンディキャップが生まれるだろう、と。

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

SYNTHESIZE 2話目の創作ログ

1話と2話は世界観を伝える事を大きなテーマとして掲げて書いていました。出来ているかどうかはともかくとして。
そういうテーマ(ある意味縛り)がある中で、2話でやりたかったことは、

  • 分かりやすく漫画っぽい漫画を描いてみたい
  • 戦闘シーンを描いてみたい

の2点でした。

分かりやすく漫画っぽい漫画を描いてみたい

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする

SYNTHESIZE 2話目の創作ログ

1話と2話は世界観を伝える事を大きなテーマとして掲げて書いていました。出来ているかどうかはともかくとして。
そういうテーマ(ある意味縛り)がある中で、2話でやりたかったことは、

  • 分かりやすく漫画っぽい漫画を描いてみたい
  • 戦闘シーンを描いてみたい

の2点でした。

分かりやすく漫画っぽい漫画を描いてみたい

コンテンツをシェアする
服部芳生 さんがお気に入り

SYNTHESIZE 1話目の創作ログ

30歳で漫画を描き始め、連載のためにブロックチェーンを絡めたサービスを個人で開発した話 にもある通り、このSYNTHESIZE - 第1話が私にとっては記念すべき処女作にあたります。
厳密に言うと、ボツにした第1話と第2話がありますが…こちらもそのうち気が向いたら、ボツにした理由とセットで公開するかもしれません。

漫画を読むのは好きだったのですが、一切描いたことない状態からのスタートだったので、いざ描くぞ!と意気込んだものの手が止まり何から手をつけていいのかサッパリわかりませんでした。
もともと小さい頃から絵は好きでずっと趣味として描いてはいたのですが…、これも後になって分かることですがイラストとしての絵と漫画としての絵は全然性質が違っていて悪戦苦闘しています。

そんな私が、どういった順番で漫画を学び、1話目を完成させたか、備忘録として書き残しておこうと思います。概ね以下の手順でした。

  • 描きたいモノを決める
ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする

SYNTHESIZE 1話目の創作ログ

30歳で漫画を描き始め、連載のためにブロックチェーンを絡めたサービスを個人で開発した話 にもある通り、このSYNTHESIZE - 第1話が私にとっては記念すべき処女作にあたります。
厳密に言うと、ボツにした第1話と第2話がありますが…こちらもそのうち気が向いたら、ボツにした理由とセットで公開するかもしれません。

漫画を読むのは好きだったのですが、一切描いたことない状態からのスタートだったので、いざ描くぞ!と意気込んだものの手が止まり何から手をつけていいのかサッパリわかりませんでした。
もともと小さい頃から絵は好きでずっと趣味として描いてはいたのですが…、これも後になって分かることですがイラストとしての絵と漫画としての絵は全然性質が違っていて悪戦苦闘しています。

そんな私が、どういった順番で漫画を学び、1話目を完成させたか、備忘録として書き残しておこうと思います。概ね以下の手順でした。

  • 描きたいモノを決める
コンテンツをシェアする